話題

青木理氏「拉致問題の前進は難しくなった。進展ないまま政権を去る安倍首相のせい」【毎日新聞】

共同通信社でキャリアを築き上げてきた一流ジャーナリストの青木理氏は、16日の毎日新聞に安倍首相が最優先課題として掲げていた拉致問題について語った。

記事では「北朝鮮による日本人拉致問題の外交的進展は、さらに難しくなった。なんの進展もないまま政権の座を去る首相の『せい』である」と書かれており、安倍首相を痛烈に批判している。

青木理氏「拉致問題の進展がないのは安倍内閣のせい」

 持病の悪化を理由に退陣した安倍晋三首相。その長期執権が残した傷は数多いが、今回は政権にとって「最重要」の外交課題であったはずの拉致問題について記す。

北朝鮮による日本人拉致問題の外交的進展は、これでさらに難しくなったのではないか。別にそれは首相が政権の座を去ってしまう「から」ではない。一応は「憲政史上最長」の政権を担ったのに、案の定というべきか、なんの進展もないまま政権の座を去る首相の「せい」である。

まず、いかなる理屈をつけても拉致は国家的犯罪行為であって、北朝鮮側が譲歩しても“対価”など与えられない。だが、かといってそれでは交渉の突破口が開けない。他方、日本側にも北朝鮮との戦後処理が終わっていないという“負い目”がある。北朝鮮との間の戦後処理を終わらせて国交を正常化するのは、戦後日本外交に積み残された“宿題”のひとつでもある。

引用:https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20200914/pol/00m/010/002000c

青木理氏といえば、2019年8月にソウルで発生した日本人女性観光客暴行事件について、「僕がソウル特派員で普段の時にいたら多分書かないニュース」「”チョ○パリ”は日本人の悪感情を呼ぶ時には必ず使うもの」と、韓国人男性側を全力で擁護したことが有名だ。

また2017年の米朝関係について「日本は歴史的な責任を逃れられない」と、なぜか日本に責任を押し付ける見事な論法を展開する一流のコメンテーターである。

とにかく朝鮮半島の立場からニュースを解説し、「日本が悪い」「安倍の責任」で結論づける一流の左派ジャーナリストが、青木理氏だ。

今回の記事でも拉致問題が進展しなかったのは「安倍のせい」と論じ、「北朝鮮との戦後処理を終わらせて国交を正常化すべき」と述べている。いわゆる”北朝鮮の代弁者”としても見事な評論だ。

政治は結果が全て。7年8ヶ月の間に被害者を取り返せなかった安倍が悪い。その安倍を継承する菅首相も同罪だ。菅氏も拉致問題解決のため積極的に取り組んできた人物だ。

拉致問題解決の糸口が見えないのは安倍と菅のせい。スガ政治を許さない。

ネットの反応

この人に総括されることはないと思う。 だって、批判だけの人だし、では、対策は?って問われたら、僕はその立場ではないと言う。結局、野党と同じで批判だけして、去っていく人なんですよね。@ss_yoshiya
青木さんへの理解のハードルがさらに上がった。@TetsuIwaT

落ち着いて考えればわかることですが、田中さんの予定では、拉致被害者は一時帰国でした。 それを北朝鮮に返さなかったのは安倍さんですね@rA8LGxZUfYzcVqw

ことあるごとに半島問題を日本の政治批判に、強引に絡めるこの方に言われてもねえ。@LemonMakoto

多分、青木氏は根本的に安倍首相の考えを理解していない。日韓併合は両国の合意に基づいて行われた結果だね。日本が朝鮮半島を軍事占領したわけではないので負い目などない。その結果、大韓帝国皇帝は日本の準皇族になったし、多くの朝鮮貴族も存在していた事実がある。そこが欧米と違うところだね。@palau60
ほなあんたさんが北朝鮮に出向いて拉致被害者の皆さんを救出して来なよ@jqAR4psdnDg2zO0

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
こちらの記事も読まれています
話題

【日本学術会議】岡田正則教授「軍備を持つ相手に兵器技術で対抗するのは時代遅れ、『変な武器を持たないように』とするのが自衛」

2020年10月26日
News Elvo
日本学術会議で任命を拒否された学者の一人、早稲田大学大学院が誇る超一流行政法学者の岡田正則教授が、BSフジの「プライムニュース」に出演した。 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。