話題

勝部元気氏、選択的夫婦別姓で「子供が母親の苗字になる率の低さ」が社会問題になると予想→フェミニスト社会学者「今言うと妨害になるのでは?」

選択的夫婦別姓の実現を推進している男性フェミニスト・勝部元気氏は9日、Twitterで選択的夫婦別姓における「子供の名字」について言及した。

子供の氏を父親と母親のどちらに合わせるのか、そのことで「子供の姓」を自分に合わせたがる夫やその親族が多数噴出すると予測。

そして「子供が母親の苗字になる率の低さ」を指摘し、新たな問題が生じることに気付いた模様。

勝部元気氏「子供が母親の苗字になる率の低さから生じる様々な弊害が新たな社会問題に」

気付いてしまった(?)夫婦別姓の問題点

積極的消極的問わず選択的夫婦別姓に反対している側の意見として「親子別姓」「兄弟別姓」といった「家族別姓制度」であることが挙げられる。絆云々ではなく戸籍制度における管理やサービスなどに弊害が生じてしまうとの見方も多い。したがって反対派は「旧姓使用の拡大」を掲げている。

また選択的夫婦別姓によって家族内の姓がどのように統一されるのか、父親に合わせるのか母親に合わせるのか。結局は夫の氏に合わせようとする風潮が残り、母親の姓を名乗る子供が少ないという新たな問題を勝部氏は危惧している。

ここで疑問に思う人も多いだろう。選択的夫婦別姓賛成派は概ね「選択的夫婦別姓も夫婦で話し合って同姓か別姓か決められるもの、子供の姓も夫婦で話し合って決めればいい」と主張してきたはず。今さら問題視しているフェミニストたちは、これまで何も予測してこなかったのだろうか?

結局は「どちらの姓にするか」で話し合うも全ての家庭で解決するとは限らない。揉める家庭は揉める。選択的夫婦別姓で解消する事柄もあれば、勝部氏の仰るように様々な弊害が新たな社会問題になる可能性は考えられる。残念ながら勝部元気氏は気付いてしまったようだ。

スポンサーリンク

社会学者・牟田和恵氏「今言うと妨害になるのでは?」

連ツイで「選択的夫婦別姓の導入は初歩的な課題」と述べており、おそらくは夫婦の姓だけでなくもっと根幹部分の改革もしくは破壊に着手していきたいのだろうか?選択的夫婦別姓は「始まり」に過ぎないと思われる。

社会学者でジェンダー研究家のフェミニスト牟田和恵氏も、「少なくとも現状、選択的別姓を求めている女性たちは、子の姓も、とは求めておらず、自身の同一性のために、と言っておられます」と意見を述べた。

勝部氏に対して「今言い出すと妨害になるのでは?」と指摘。様々な弊害を予測してシミュレーションを立てることが妨害行為に該当するとは面白い。どうやら「親子別姓」「兄弟別姓」の観点で夫婦別姓の議論が行われると、現段階では都合が悪いのかもしれない。

選択的夫婦別姓の導入は当然「子供の姓」もセットで考えておかなければならないが、「導入前」に言い出さなければ「いつ」言い出せばいいのか?まさか、選択的夫婦別姓制度の成立後、今度は「母親の姓を名乗れる子供が少ない」という新たな社会問題を生み出したいのだろうか?

やはりフェミニスト界隈の主張や狙いは改めて参考になる。とにかく、まずは選択的夫婦別姓を実現させることが重要なのだろう。「親子別姓」や「兄弟別姓」を持ち出すネトウヨはフェミニスト失格だ。妨害になるかもしれないから黙っておくこと。

あわせて読みたい
男性フェミニスト勝部元気氏「差別問題に中立は存在しない」と図を作成→難解すぎると話題男性フェミニストを名乗る自称評論家の勝部元気氏は16日、自身のTwitterアカウントで「差別の問題に中立なんて存在しない」と図解の画像...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
こちらの記事も読まれています
話題

【#世界で最も影響力のある100人である伊藤詩織さんによる日本人女性ヘイトに抗議します】←Twitter上で伊藤詩織さんに抗議?発言内容を検証してみた

2020年9月24日
News Elvo
Twitter上で、「#世界で最も影響力のある100人である伊藤詩織さんによる日本人女性ヘイトに抗議します」というハッシュタグを見かけた。  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。