政治

自民・二階幹事長、中国の侵略的行為に「堂々と向かい合う、日本は飲み込まれない」〜弱体化の日本、属国へ突き進む

自民党の二階俊博幹事長は13日、BSフジの報道番組「プライムニュース」で中国との向き合い方について言及した。

視聴者から寄せられた質問に対し、「堂々と向かい合っていく、日本が飲み込まれることはありませんよ」と回答した。

中国海警局の武装船が迫る尖閣諸島付近や、香港の現状、台湾への軍事圧力など、侵略行為を続ける中国と二階氏はどのように向き合っていくのだろうか?

二階俊博幹事長「(中国とは)堂々と向かい合う、日本は飲み込まれない」

あわせて読みたい
中国船が領海で日本漁船に接近 尖閣周辺で海警局の船2隻が再び侵入尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海に15日午前、中国海警局の船2隻が相次いで侵入した。 那覇の第11管区海上保安本部によると、大正...

弱体化の日本、中国の属国へ突き進む

番組における時間上の都合もあるだろうが、具体的な話に踏み込まない親中派の二階俊博幹事長。一部には「知中派」と評する有識者もいるが、果たして二階氏が日中関係でどのような功績を残してきたのか疑問に思う国民も多い。

親中派や親韓派の議員が多い自民党だが、本来ならば中国の侵略的行為に物申すべきはこういった議員である。日本式遺憾砲どころか、改善の見通しすら立たない話し合いで国益を損するばかりだ。

そして抗議しない結果が尖閣諸島の現状や土地の買収である。中国の経済成長、軍備拡大、そして周辺国への人権弾圧や侵略的行為。この歩みに最も貢献してきたのは、間違いなく日本だろう。

ところが、野党や反自民党の界隈では親中派議員に対する批判の声があまりない。追求できるポイントがあるのに、そこを責めない野党を見ていると、いかに左翼や自称リベラルが崇高な存在かがわかる。

2680年の歴史という国家観を持たない左翼や自称リベラルにとって「日本」の存続はあまり重要ではない。左翼にとって人や国は「国民」「国家」ではなく、「市民」「地球」だからだ。その高い知性を持つ左翼や自称リベラルこそ、日本の象徴かもしれない。

今のところ、日本の国政に保守系・右派と言われる政党は一切存在しない。個々の政党に保守思想の議員はいるものの、党としての政策や国家観で保守と言える政党はない。

戦後レジームによる日本弱体化は成功だ。このまま日本の衰退が進めば、そのうち日本は中国の属国として「世界最古の国」という歴史に幕を閉じるだろう。

このまま「日本第一主義」を掲げる「保守政党」が誕生しなければ。

Twitterの反応

《参考》中国海警が武器使用可能に・・・尖閣で不測の事態恐れも(2020年11月5日)




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
こちらの記事も読まれています
政治

【学術会議の任命拒否】作家・あさのあつこ氏「気に入らない生徒を廊下に立たせるのと同じ」→2009年「だから私は日本共産党」

2020年10月31日
News Elvo
日本学術会議の任命拒否問題で野党が追求を強めている中、超一流作家のあさのあつこさんはインタビューで「気に入らない生徒を先生が廊下に立たせるの …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。