話題

三輪記子弁護士、コロナ報告書を指摘「政府批判が甘い、国会開いて議論」→野村修也氏「国会は開いてた、第2波は対象外」

24日に放送された「ウェークアップ!ぷらす」で、出演者である超一流弁護士の三輪記子氏がコロナ報告書について指摘した。

「色んな方にヒアリングしてすごいなと思ったが、一方で政府判断への批判もたくさんあるけど、まだまだ足りない。国会を開いて議論するべきだった」と、政権批判を強めた。

これについて同じく弁護士の野村修也氏は「この報告書は期限を切ってあって、第2波は対象外。報告書のとき国会は開かれていた」と反論した。

三輪弁護士「国会開いて議論」→野村弁護士「国会は開いていた」

スポンサーリンク

三輪弁護士、コロナ報告書で政権批判も野村弁護士に論破

「新型コロナ対応・民間臨時調査会 調査・検証報告書」いわゆる「コロナ報告書」が23日に発売された。元朝日新聞主筆の船橋洋一氏が理事長を務める一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブがまとめた書籍だ。

内容は日本の新型コロナ対応を検証した報告書であり、邦人救出やダイヤモンド・プリンセス号対応も含まれるという。ワーキンググループのメンバーである専門家19名が実施したヒアリングなども載っている。

三輪弁護士は「貴重な資料」と評価する一方で「国会を開いて議論するべきだったのに、そういう点で政府批判が弱い」と指摘した。

しかし、共演者で是々非々論を展開することが多い弁護士の野村修也氏から「この報告書は期限を切ってあって、この頃は国会も開かれていた」と反論。どうやら三輪弁護士は第2波と混同しているらしく、野村氏の指摘で黙り込んでしまった。

時系列を無視し、何とか政権批判に結び付けたかった三輪弁護士だが、野村弁護士に事実で反論されてしまった。是々非々論者の野村氏が相手では少々厳しいか。

それでも政権批判を強める三輪氏の姿勢は評価すべき。もっと印象操作のスキルが身に付けば、左翼として立派に活動できるはず。どんな状況でも政権批判するのが左翼だ。特に安倍路線を引き継ぐ菅政権ならば、無条件で批判しなければならない。

三輪記子弁護士は左翼の素質がある。下を向かず、一流の左翼弁護士を目指していただきたい。

確かに国会で議論してほしいという一般感覚は理解できる。三輪氏の言う通りだ。新型コロナ流行初期に国会でどのような議論が行われていたか、今一度検証すべきだろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
こちらの記事も読まれています
話題

安倍首相の辞任意向を受け→「アベを病院に逃すな」「安倍を牢獄に」「#辞任と逮捕はセットだろ」「牢屋へ叩き込むまでが戦い」

2020年8月28日
News Elvo
安倍首相の辞任意向を受け、安倍政権不支持派の方々から様々なツイートが発信されている。 特に目立つのは安倍総理に対するエールだ。  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。