話題

村山元首相「村山談話は世界各国から高い評価を受けて光栄だ」←ネトウヨ発狂案件

第81代内閣総理大臣を務めた村山富市元首相は15日、戦後75年を迎えるにあたって、村山談話に託した思いとして新たに談話を発表した。

平成7年に発表された村山談話の系譜する形で、「中国・韓国・アジアの諸国はもとより、米国・欧州でも、日本の戦争を侵略ではないとか、正義の戦争であるとか、植民地解放の戦争だったなどという歴史認識は全く受け入れられるはずがないことは自明の理だ」と、近年日本における歴史の見直しについて懸念を示した。

村山元首相「『侵略戦争ではない』は世界から受け入れられない」

 村山富市元首相は15日、戦後75年を迎えるにあたり、平成7年の「村山談話」に託した思いとして談話を発表した。「中国・韓国・アジアの諸国はもとより、米国・欧州でも、日本の戦争を侵略ではないとか、正義の戦争であるとか、植民地解放の戦争だったなどという歴史認識は全く受け入れられるはずがないことは自明の理だ」と改めて強調した。

村山談話については「世界各国の人々や政府から高い評価を受け続けているようで光栄なことだ」とした。過去を一方的に断罪した村山談話は日本の名誉と国益を損なってきたとの指摘がある。

引用:https://www.sankei.com/politics/news/200815/plt2008150010-n1.html

産経新聞の報道によると、村山富市氏は日本の戦争責任を改めて強調した。

そして自身の談話が「世界各国から高評価を受けている」と、光栄に思っているとも語っている。

村山談話の内容は主に、

  • 日本の平和と繁栄を築き上げた国民の努力に対する敬意
  • 植民地支配と侵略によって諸国民に多大の損害と苦痛を与えたことへの再確認
  • 核兵器の究極の廃絶と核不拡散体制の強化を目指す意思

となっている。

左翼からも非常に好評な談話ではあるが、保守界隈からは「一方的な断罪で日本の国益と尊厳を損なった」との反発もある。

昨今、ネットの普及によって保守界隈の意見が世に反映されつつある。

台頭してきたネトウヨの存在により、拍車がかかっているのだ。

今回の村山元首相の談話が発表されたことで、ネトウヨの発狂案件になることは間違いないだろう。

「村山談話は世界各国から高い評価を受けて光栄だ」←ネトウヨ発狂

案の定、保守系アカウントから猛烈な批判が起きていた。

近年、保守論客による発信によって、先の対戦で新たな事実が明らかにされてきている。

戦後の自虐史観によって植え付けられた歴史認識が、少しずつ変わりつつあるのだ。

これは非常に危惧すべき状況であり、左翼にとって都合の悪い流れである。

コミンテルンが暗躍したGHQによるWGIP、そして左翼と化した反日日本人による史実の隠蔽工作など、戦後75年も続けてきたのだ。

戦後、何のために公職追放や焚書が行われてきたのか。

それは日本の自主自立や富国強兵を阻むためであり、2000年以上続く伝統ある日本を内部から破壊するためである。

ネットの普及によって徐々に日本国民が目覚めてきているが、何とか阻止せねばならない。

日本に愛国心が再び広まってしまうと、先の大戦のように軍事国家へと突き進んでしまう。

左翼は本気でそう考えているので、何としても保守界隈の言論を封じていただきたい。

日本に必要なのは反省と謝罪、そして謙虚な気持ちだ。

おそらく村山談話を評価しているのは特定のアジア諸国のみであろうが、それでも世界各国と本人が思えば世界各国である。

左翼やマスコミは今後も河野談話や村山談話を広め続けていただきたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
こちらの記事も読まれています
話題

フェミニスト北原みのり氏、森会長の発言を「重大な差別発言」→2014年「なぜ男性はすぐに『長い会議』をしたがるのか?」

2021年2月7日
News Elvo
超一流フェミニスト系作家兼活動家でフラワーデモの呼びかけ人である北原みのり(本名:渡邉みのり)氏は、東京オリンピック・パラリンピック大会組織 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。