政治

【終戦の日】現職閣僚が4年ぶりに靖国参拝も、安倍総理は今年も見送り

2020年8月15日、75回目を迎えた「終戦の日」。

今年は安倍内閣の現職閣僚4人、靖国神社を参拝した。

現職の閣僚が終戦の日に参拝するのは2016年以来と、実に4年振りのことである

また4閣僚は第2次安倍政権の発足後では最も多い人数だ。

しかし安倍晋三首相は参拝を見送っており、代理を通じた私費による玉串料を神社に奉納した。

終戦の日に現職閣僚が4年ぶりに靖国参拝、安倍総理は見送り

 15日午前11時までに、小泉進次郎環境相と萩生田光一文部科学相、衛藤晟一沖縄北方相、高市早苗総務相が参拝した。昨年9月の内閣改造後の現在の閣僚では、改造直後の秋の例大祭時に衛藤氏と高市氏が参拝している。終戦の日の安倍内閣の閣僚参拝は16年に当時の高市総務相と丸川珠代五輪相が参拝して以来。

(中略)

靖国参拝には戦争当時の指導者が合祀(ごうし)されており、中国や韓国が閣僚らの参拝を問題視している。首相は13年12月に参拝し、中国や韓国から強い反発を招いた。その後は参拝していない。首相の代理を務めた高鳥修一・自民党総裁特別補佐によると、首相は今回、「自民党総裁 安倍晋三」の肩書で玉串料を納めた。首相からは「こんにちの平和の礎となられた戦没者の方々に対して、心から敬意と感謝の念を捧げ、御霊の平安と、恒久平和を祈ります」という言葉を預かったという。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/d124fc476a3db534c6a963b8a07b37f48cdb2a9e

75回目を迎えた終戦の日、今年は小泉進次郎環境相と萩生田光一文部科学相、衛藤晟一沖縄北方相、高市早苗総務相が靖国神社を参拝した。

その他にも稲田朋美幹事長代行や党内の保守系議員が靖国を参拝したと見られる。

安倍首相は今年も参拝を見送り、高鳥修一自民党総裁特別補佐が代理を務めた。

今年は「自民党総裁 安倍晋三」の肩書で玉串料を納めたと報じられている。

そして安倍首相は千鳥ヶ淵戦没者墓苑を訪れ、戦没者の霊に対して献花し、深々と頭を下げた。

靖国神社には戦争指導者が合祀されていることから、中国や韓国だけでなく日本の左翼から「参拝=戦争賛美」と認識されている。

特にA級戦犯が祀られていることで恨みは根深く、公人の靖国参拝へ嫌悪感を示す人の中には「靖国神社の破壊」を希望する声もある。

そして中韓の反発を招いているのは日本のマスコミや左翼であり、非常に心強い存在であるのだ。

靖国参拝反対派にとってA級戦犯の意味はどうでもいい

靖国神社の参拝で常に論争となる点が「A級戦犯の合祀」である。

A級戦犯とは、 第二次世界大戦の極東国際軍事裁判(東京裁判)により有罪判決を受けた者を指す。

条例では、A.平和に対する罪、B.(通例の)戦争犯罪、C.人道に対する罪の3つが記載されている。

このうちのA.平和に対する罪に該当する人物が「A級戦犯」と呼ばれているのだが、A級を「罪の軽重」と誤解している人が多い。

もしくは恣意的に曲解しているのか、日本国民のみならず中国や韓国ですら「A級だから一番悪い」と認識しているようだ。

正しくは項目ABCという分類の順番でしかないため、罪の軽重という概念はない。

しかし反日国や左翼にとって、そんなことはどうでもいい。

「A級戦犯が一番悪い」という認識が広まっているなら、それが共通認識なのだ。

戦後教育によって植え付けた自虐史観を、今さら正しく理解させてはいけない。

左翼にとって日本は未来永劫、戦争責任を背負うべきと考えているからだ。

日本国民が真実の歴史に気づくと自主自立や愛国心に目覚めてしまいかねないため、反日国である中国や韓国にとっては都合が悪いのだ。

そのため日本の左翼は歴史の歪曲と言われようが、大日本帝国の汚点のみを広め続けている。

それが反日国のプロパガンダを加速させるのだ。

日本がいつか日本でなくなるために、今年もマスコミや左翼の懸命な靖国批判は続く。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
こちらの記事も読まれています
政治

【学術会議の任命拒否】作家・あさのあつこ氏「気に入らない生徒を廊下に立たせるのと同じ」→2009年「だから私は日本共産党」

2020年10月31日
News Elvo
日本学術会議の任命拒否問題で野党が追求を強めている中、超一流作家のあさのあつこさんはインタビューで「気に入らない生徒を先生が廊下に立たせるの …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。