話題

Twitter「#マスゴミの実体」10万件超え トレンド入りするほど反響の理由は?

昨日からTwitterで盛り上がりを見せる「#マスゴミの実体」、トレンド入りして以降もツイート数は増え続けている。

すでに10万件を超えており、ここまでマスコミを批判するツイートで溢れるのも珍しい。

主に保守や右派、中道派からマスコミへの不信感は高まっているが、どうやら左派やリベラル側も不満を抱いているようだ。

Twitter「#マスゴミの実体」10万件を超え

「#マスゴミの実体」はアメリカ大統領選挙がきっかけ?

ネットの普及と同時にオールドメディアの不信感は募る一方だ。有名どころでは、朝日新聞の慰安婦報道問題珊瑚記事捏造事件、毎日新聞のWaiWai問題が挙げられる。

また地上波メディアでは印象操作、切り取り、偏向報道が数多く行われてきた。報道番組やワイドショーも今や情報弱者向けのコンテンツとも言われ、Twitterでは毎日のようにファクトチェックされている。

放送法第4条には「政治的に公平であること」「報道は事実をまげないですること」「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」と書かれている。どれだけの局が守っているか疑問を抱く国民も多いだろう。

今回急にトレンド入りしたのは、おそらく「アメリカ大統領選挙」の影響だろう。地上波の報道やコメンテーターが「バイデン推し」で極端すぎることに、不満を抱く国民が多いと思われる。

アメリカのメディアが軒並み反トランプであるため、そこから映像や情報を仕入れている日本のメディアも、同じ論調になってしまう。そもそも日本のメディアも反トランプだとは思うが、情報をそのまま垂れ流す姿勢に疑問を呈す人も多い。

今年は東京都知事選挙、大阪市廃止・特別区設置住民投票(いわゆる大阪都構想)、そしてアメリカ大統領選挙と、国民の関心度も高い選挙が行われた。それに伴って「メディアの在り方」が問われている。

しかし、ネットの普及でオールドメディアの偏向報道に気づいた人は多い。この不信感はそう簡単には拭えないだろう。

ただネットニュースや政治系まとめサイトでも、マスコミに負けず劣らずデマ情報は多い。当サイトも十分に注意して身を引き締めていく。

同時に筆者が思うのは、アメリカ大統領選挙以上に日本の選挙へ興味を持っていただきたい。そして投票に行くこと。

あわせて読みたい
Twitter「#マスゴミの実体」がトレンド入り→マスコミ劣化の原因は政治家への忖度?「#マスゴミの実体」がトレンド入りし、10万件を超える勢いはネットで話題となった。 マスコミの偏向報道に怒りを覚える国民が多いかと...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
こちらの記事も読まれています
話題

【#世界で最も影響力のある100人である伊藤詩織さんによる日本人女性ヘイトに抗議します】←Twitter上で伊藤詩織さんに抗議?発言内容を検証してみた

2020年9月24日
News Elvo
Twitter上で、「#世界で最も影響力のある100人である伊藤詩織さんによる日本人女性ヘイトに抗議します」というハッシュタグを見かけた。  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。