話題

山尾しおり議員「そういえば『安倍政権下での憲法改正議論に反対』と言っていた人々・・・」

国民民主党の山尾しおり衆議院議員は28日、安倍首相の辞任意向を受けて労いのツイートを投稿した。

まだまだ山積みとなっている課題に対し、提案型で議論を展開していく姿勢を決意している。

そして最後には「安倍政権下での憲法改正議論に反対」を訴えていた野党議員についても言及した。

山尾しおり議員 憲法改正の議論に意欲を示す

安倍総理の理念や憲法観は私とは随分違った。違っていいのでせめて誠実な答弁が欲しいと国会で歯噛みをすることもたくさんあった。それでもなお、7年半との長きにわたって、体力の限界まで一国の総理として務めを果たされたことに、心から敬意を表したいと思う。本当にお疲れ様でした。

(中略)

そういえば、「安倍政権下での憲法改正議論に反対」と言っていた人々とも、これで議論できるようになるんだろうか?

引用:山尾しおり議員のTwitterアカウントより

特定野党はこれまで幾度となく憲法審査会を欠席してきた。当然だ。安倍政権下で憲法改正は絶対に行われてはいけない。

安倍政権は選挙でも憲法改正を主張して何度も勝ってきた政権だ。世論調査では「憲法改正に反対」の人のほうが多い。それでも万が一国民投票が実施されたら、憲法改正が現実のものになりかねない。何としても阻止するのが野党の役目だ。

憲法審査会を開かせない。改正から遠ざけるために、野党は尽力してくれた。

しかし、最近は提案型で議論する姿勢を見せている国民民主党の山尾しおり議員が、憲法改正議論に応じてこなかった野党に対して皮肉なツイートを投稿している。

「安倍政権ではないなら、議論を進めるべき」という意見のようだ。

核心を突く指摘だが、当然ながら議論に応じられるわけがない。他の条文ならまだしも、特に憲法九条だけは永遠に議論するべきではない。日本に平和をもたらしているのは憲法9条の存在が大きいからだ。

それに憲法の議論よりも重要な問題がある。「森友学園」「加計学園」「桜を見る会」、そして河井夫妻や秋元司氏といった逮捕者の存在だ。安倍政権には終わっていない問題が山積みなのだ。

安倍総理の辞任に関係なく、憲法改正の議論は未来永劫進めるべきではない。GHQに押し付けてもらった日本国憲法だ。この宝は永遠に守ろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
こちらの記事も読まれています
話題

【朝日新聞/社説】慰安婦訴訟「安倍が謙虚な態度で丁寧に説明したら避けられた」→韓国の判決はアベのせいだ

2021年1月9日
News Elvo
日本が世界に誇る最高の左派系クオリティペーパー・朝日新聞が9日に投稿した社説で、韓国中央地裁が下した日本政府を相手取る慰安婦訴訟について、「 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。