政治

外務省、情報通信網刷新へ 中国企業を事実上排除 米国と足並み揃えてリスク回避か

政府関係者によると外務省は16日、令和4年度までに在外公館も含めた情報通信網を刷新する方針とのこと。

通信の高速化や業務の効率化を図り、サイバー攻撃への対応力を強化する狙いがある。

新たな通信網では安全保障上のリスクが指摘される中国企業を、今回の刷新で事実上排除すると見られている。

通信5分野における中国企業の排除を進めたいアメリカと、今後は連携していく見通しだ。

外務省、情報通信網刷新へ 中国企業を事実上排除

 外務省が刷新するのは、外交公電や各国とのやり取りで使用する通信回線、サーバー装置、パソコンをはじめとする端末機器などで、3年度に日本の本省、4年度に各国の在外公館を中心に実施する。3年度予算の概算要求には関連経費として120億円超を計上した。
 新たな通信網に採用する機材やシステムは、価格だけでなく安全保障やサプライチェーン(供給網)上のリスクを重視する。政府が平成30年にまとめた調達指針に基づくもので、名指しは避けながらも中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)など情報漏洩(ろうえい)の危険性が指摘される中国企業を排除する。
 政府関係者は「日本は特定の国や企業を排除する立場は取らないが、セキュリティーやサプライチェーンを重視すれば中国は自然と外れる」と語る。
 米国は第5世代(5G)移動通信システムを使った外交施設間の通信の安全を確保する「クリーンパス」をはじめ、携帯電話アプリやクラウドサービスなどの分野で中国企業を排除する計画を提唱し、各国に協力を呼びかけている。茂木敏充外相は6日に都内で行ったポンペオ米国務長官との会談で、クリーンパスの趣旨に賛同する意向を伝えた。
 外務省が着手する通信網の刷新は5Gの使用を前提としていないが、米国と協調してサイバーセキュリティーに取り組む姿勢を示す効果もある。茂木氏は16日の記者会見で「サイバーセキュリティーの確保は日本を含む国際社会にとって重要だ。米国との協力を引き続き強化していきたい」と語った。
引用:https://www.sankei.com/politics/news/201016/plt2010160027-n1.html

Twitterの反応

スポンサーリンク

ネット上の声

良い事です。スパイ防止法の制定もお願いします。
ゆっくりでも良いから、着実に中国排除を進めてほしい。
正しい判断だと思います。
外務省、やるじゃん。少しだけ見直したぞ。
日本国内にスパイが野放しだから、どれだけの効力があるのかねー?まぁそれはそれとしてやらなきゃ駄目なことだけどもね。
なんたらファイブのこともあるし、排除するのが得策でしょうな。
やっと外務省への不信感が払拭できた
日本じゃほとんど報道されないけど海外での茂木外相の評価は相当高いんだよな頑張って欲しいわ

《参考》日本企業も危ない!TikTok規制を仕掛ける米国クリーン・ネット・プロジェクトの全貌とは!?





この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
こちらの記事も読まれています
政治

立民・道下大樹議員、総務省接待の質疑優先「北方領土問題の予定でしたが、次回…」【菅首相長男の接待問題】

2021年2月19日
News Elvo
総務省幹部が菅義偉首相の長男から接待を繰り返し受けた問題について、立憲民主党の道下大樹議員は19日の衆議院予算委員会で秋本芳徳情報流通行政局 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。