政治

米の通信5分野で中国企業排除計画、日本は参加を見送り「計画が修正されれば再検討」

読売新聞の独自記事によると、アメリカの中国企業排除策に日本政府は現時点で「参加見送り」を決断した。

通信関連5分野で中国企業を排除する「クリーンネットワーク」計画に関し、日本は「特定の国を排除する枠組みには参加できない、計画が修正されれば再検討する」として参加の見送りを伝えている。

情報漏洩など安保上の懸念からアメリカは各国に呼びかけているが、日本はアメリカと連携しながら独自に対処していくようだ。

【独自】通信5分野で米の中国企業排除策、参加見送り…安保懸念に独自対処

 通信分野などのネットワークから中国企業を排除するトランプ米政権の計画について、日本政府が現時点では参加を見送る方針を米側に伝えたことが15日、複数の政府関係者の話でわかった。安全保障上の懸念がある場合には、米と連携しつつ、日本として対策を取っていく方針だ。
 米政府は8月、米中対立の激化を背景に、通信網や携帯電話アプリ、クラウドサービス、海底ケーブルなど通信関連の5分野で、中国企業を排除する「クリーンネットワーク」計画を提唱し、各国に協調を呼びかけた。機密漏えいなど安保上のリスクを回避する狙いがある。
 今月6日に都内で開かれた茂木外相とポンペオ米国務長官との会談では、ポンペオ氏が同計画に触れ、茂木氏は、次世代通信規格「5G」事業で協調する姿勢を示した。ただ、交渉過程で、日本側は「特定の国を排除する枠組みには参加できない」などと述べ、現計画への参加は困難で、計画が修正されれば再検討するという日本の立場を伝えたという。
 日本政府は既に5G事業では、名指しをしない形で中国通信機器大手「華為技術」(ファーウェイ)を事実上排除する運用を始めており、他の分野でも5G同様、安保上の懸念が生じないように対処していく考えも説明した。
引用:https://www.yomiuri.co.jp/politics/20201015-OYT1T50347/

読売新聞の報道を受け、日本では不参加に否定的な意見が散見される。それだけ個人情報の流出をはじめとする情報漏洩など、安全保障上における中国企業の危険性が認知されてきたということだろう。

茂木敏充外相がポンペオ米国務長官に対してどれほど信頼性のある意味で「不参加」と伝えたかにもよるが、日本では5G事業においてファーウェイを事実上排除している。

また、日米豪印四カ国の戦略対話「Quad」で防衛面におけるコンセンサスは取れている。「自由で開かれたインド太平洋」で中国を牽制しているため、経済面では少し様子を見ているのかもしれない。

同時にアメリカでは現在、大統領選挙の真っ只中だ。バイデン候補も対中ではチベットの人権弾圧問題に触れるなど強硬な姿勢を取っていると見られている。それでも大統領選挙の結果次第でアメリカの対中路線に変化が生じる可能性は十分にある。

「クリーンネットワーク構想」は米議会で話が進んでいるため、トランプ政権でなくても推進されるはずだが、「特定の国を排除する枠組み」を理由に参加を見送った日本政府。「計画変更で再検討」とは、「枠組みの撤廃」を意味しているのか。

今後も開かれるであろう協議に注目だ。

スポンサーリンク

ネット上の声

アメリカみたいに表立って中国を敵国として名指しするより5G事業のように裏でファーウェイ排除する方が得策ってことか
大統領選挙が結果出て
その後のアメリカの出方待ち
これはその通りだろ、アメリカの選挙結果次第で分からん
11月の大統領選が終わらないと難しい
これでちゃんと排除できるんだろうな?
頼むよー
トランプ再選後、菅政権に再考を促してくれ。
Docomoの基地局の6割くらいファーウェイ使ってるもんな
そりゃ参加できんわな
NTT系はもうファーウェーを完全排除してる
5Gの電波割り当ての時に、何故か「使用する機器のベンダー」を明記する様に指示があった
目的は全く明記されていないけど、何故かどのキャリアも中華設備を使用しない事になった
なので「クリーンネットワーク」のリストに楽天も含めて4キャリア全部載ってる
これが日本政府のやり方

《参考》速報!ニュース解説 米「クリーン・ネットワーク」発動!





この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
こちらの記事も読まれています
政治

立憲・川内博史氏、筋肉注射とワクチン接種で知性全開「全身筋肉のアスリートに打つ副反応が」「試合直前に打つとリスクが」

2021年5月12日
News Elvo
立憲民主党の川内博史議員は12日、厚生労働委員会の質疑で新型コロナワクチンの筋肉注射について副作用の懸念を示した。 「全身筋肉の若いア …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。