話題

【靖国参拝】稲田朋美氏「命をかけて国を守ろうとした方々の積み重ねにあるという感謝の気持ちは忘れないでいたい」←ひろゆき氏ら反論

稲田朋美衆議院議員は2020年8月14日、AbemaTVの番組「報道リアリティーショー
ABEMA Prime」(通称:アベプラ)に出演し、靖国神社への参拝について語った。

今年は4年ぶりに現職閣僚が靖国神社へ参拝する中、「A級戦犯が合祀されている靖国参拝に反対」や「隣国の反感にも考慮すべき」などといった批判の声もある。

そのことについて稲田朋美氏は番組中「今の日本があるのは、大東亜戦争において命をかけてこの国を守ろうとした方々の積み重ねの上にあるんだという感謝の気持ちは忘れないでいたい」と語った。

しかしひろゆき氏ら出演者からは反論に近い意見が飛び交った。

稲田朋美氏、アベプラで持論を展開もひろゆき氏ら反論か?

 東京・靖国神社を8月15日にほぼ毎年訪れる女性がいる。稲田朋美衆議院議員だ。かつて防衛大臣(2016年8月~2017年7月)を務め、現在は自民党の幹事長代行(2019年9月~)。安倍総理にも近く、去年は総理の代理として訪れ、終戦から75年の今年も参拝した。

しかし、閣僚の参拝には毎年、「A級戦犯が合祀されている靖国を参拝するな!」「隣国の反感から関係悪化も考えるべき」など多くの批判の声も上がる。14日の『ABEMA Prime』は稲田氏をスタジオに迎え、靖国参拝を欠かさない理由を聞いた。

稲田氏が2006年、初当選の翌年に立ち上げたのが「伝統と創造の会」。自民党の新人議員によって発足(会長は稲田氏)し、メンバーは毎年4月28日と8月15日の2回、靖国神社に参拝している。

超党派の国会議員でつくる「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」との違いについて、稲田氏は「伝統と創造の会は私たちが1回生の時、女系天皇容認になろうとした小泉政権で、それはちょっとおかしいのではないかという署名活動をしたことの延長線上につくった。これは靖国参拝の会ではなくて、教育基本法改正の時や野党時代は谷内(正太郎)先生と岡崎久彦先生に来てもらって勉強会をした。靖国参拝は欠かさずやっているがそれだけの会ではないので、超党派の会とは違っていると思う」と説明。

毎年参拝を欠かさないのは、「今の日本があるのは、大東亜戦争において命をかけてこの国を守ろうとした方々の積み重ねの上にあるんだという感謝の気持ちは忘れないでいたい」からだという。

稲田氏にとって靖国神社はどのような存在なのか。「私のおじも合祀されている。おじは21歳で特攻隊の訓練中に亡くなったが、そういった青年たちのおかげで今の日本がある。おじの気持ちも考えながら参拝をしている」と話した。

引用:https://times.abema.tv/posts/8620009

稲田朋美氏は靖国神社へ祀られている英霊への感謝を伝え、自身の親戚についても言及した。

靖国神社には兵士のみならずA級戦犯も祀られており、日本では左翼を中心に閣僚や政治家の靖国参拝に反対する声が上がっている。

また中国や韓国から「戦争指導者へ手を合わせることは戦争賛美だ」との反発もあり、隣国との関係悪化を懸念する声もある。

他の出演者も同様の指摘をしており、英霊への気持ちこそ否定しないものの、参拝には懐疑的であった。

ひろゆき氏

「ちょっとごっちゃになっていると思っている。元々、1978年まで(A級)戦犯の人は祀られていなかった。命令されて戦争に行って亡くなった、日本を守ろうとした人たちがいたから、みんなで祀って毎年参拝するのはわかる。しかし、その後に戦犯の人まで入れてしまった。戦犯の人を引き離せば、アジアの人たちも『この人たちは日本を守ろうとした普通の人たちだ』とわかりやすくなると思うが、分祀には賛成するか」

A級戦犯に政治家が感謝を示しているのがよくないという話。“A級戦犯を分祀しないんだったら政治家としては行かない”と靖国神社に圧力をかけることも可能ではないか。戦争犯罪者に感謝しているということか」

引用:https://times.abema.tv/posts/8620009

 

若新雄純氏

「戦争で亡くなっていった人に感謝の気持ちを持ち続けるのは大事だからこそ、むしろ靖国神社に行くことにこだわりすぎない方がいいのではないか。形にこだわりすぎることで周辺国が不快な思いをしているとなると、若い世代はややこしく思う。僕は福井の嶺南で長男だから墓を守っているが、今年は母親が帰って来いと言わない。『墓の前にあなたのばあちゃんはいないよ』と。墓参りできなくてもばあちゃんを思っていれば思いは届くわけで、国のために頑張ってくれた人に対しても、参拝に行かなくてもそれはそれで大事にしようということ。その上で、周辺国とバランスを取ろうということはできないのかとずっと思っていた」

引用:https://times.abema.tv/posts/8620009

 

紗倉まな氏

「もう二度と戦争を起こさないという気持ちを持つことは非常に大切だと思うが、靖国だけにこだわる理由がなかなか深い理解を得られない部分もあると思う。日本には他にも戦争墓地や戦没者の方を弔う場所はあるわけで、時の首相が靖国だけに限らずそうした場所も回るというのは大事な部分だと思っていたが、それはなかなか叶わないものなのか」

引用:https://times.abema.tv/posts/8620009

 

上記のように、周辺国(中国と韓国)から理解を得られない点について指摘しており、やはりA級戦犯の合祀がネックになっているようだ。

 

他の出演者からの意見について稲田氏は、

「私の考え方は、A級戦犯が合祀されようが、いかなる歴史観に立とうが靖国に行って感謝と敬意を表するのが国民としての権利、義務でもあると思っている」

「靖国神社に対して特別な思いというか、そこに行けば亡くなった英霊に会えると思って行く人もいる。そういう人たちの気持ちも考えるべきだし、靖国で会おうと言って突撃していったかつての兵士の気持ちも考えるべきではないかと思う」

引用:https://times.abema.tv/posts/8620009

と、自身の見解を述べた。

靖国神社への参拝は各々が抱いている気持ち、それは強要することでも侵害するものでもないという考えのようだ。

靖国神社への参拝は中韓に配慮せよ

おそらく靖国神社へ参拝する人の多くは、英霊への感謝を伝えていることだろう。

靖国神社には246万6千余柱の神霊が祀られており、中には日本人だけでなく朝鮮半島出身の朝鮮人日本兵や台湾出身の台湾人日本兵も祀られている。

そしてA級戦犯ばかりクローズアップされるが、BC級戦犯も祀られているのだ。

ちなみにABC級は罪の軽重ではなく、便宜上の区分でしかない。

項目で分けられたわけではないため、「A級戦犯が最も悪い」は誤りである。

しかし、左翼を主体に中国や韓国ではとにかく「A級戦犯」に固執している。

A級の意味がわかっていないのか、わざと認識していないのかは不明だが、A級戦犯の合祀がどうしても引っかかるようだ。

日本国民がどういう思いで靖国神社を参拝しているのかは個々の自由だが、やはり政治家は周辺国の気持ちを配慮すべきではないか。

戦後、日本では連合国と左翼によって歴史認識が確立されてきた。

国のために尊い命を投げ出した兵士が、あるいは朝鮮人日本兵や台湾人日本兵が祀られていうようが、A級戦犯が祀られている靖国神社への参拝は戦争賛美なのだ。

ABC級の意味も知らずに「A級戦犯はダメだけどBC級戦犯なら問題ない」と語る隣国の国民や日本の左翼も中にはいる。

もちろん思考停止した論理だが、ダメなものはダメなのだ。

それが敗戦国である日本の宿命であり、靖国神社参拝は戦前への回帰であると決めたのだ。

保守派がどんなに正論を振りかざしても意味はない、日本は中国や韓国に配慮しながら靖国神社と向き合わなければならない。

そして日本の左翼も弱腰にならず、もっと強烈なメッセージを出すべきだろう。

それは「靖国神社の破壊」だ。

大日本帝国の戦争に関わる人間が祀られている靖国神社を、徹底して非難しなければならない。

日本には千鳥ヶ淵戦没者墓苑があり、戦没者への追悼や慰霊は墓苑で行えば何も問題はない。

生温い理屈では保守派の正論に飲み込まれるため、ここは左翼一致団結で「靖国解体」と叫ぶ時であろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
こちらの記事も読まれています
話題

【#世界で最も影響力のある100人である伊藤詩織さんによる日本人女性ヘイトに抗議します】←Twitter上で伊藤詩織さんに抗議?発言内容を検証してみた

2020年9月24日
News Elvo
Twitter上で、「#世界で最も影響力のある100人である伊藤詩織さんによる日本人女性ヘイトに抗議します」というハッシュタグを見かけた。  …
話題

フェミニスト北原みのり氏、森会長の発言を「重大な差別発言」→2014年「なぜ男性はすぐに『長い会議』をしたがるのか?」

2021年2月7日
News Elvo
超一流フェミニスト系作家兼活動家でフラワーデモの呼びかけ人である北原みのり(本名:渡邉みのり)氏は、東京オリンピック・パラリンピック大会組織 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。