政治

立民・蓮舫氏「日本学術会議よりも感染症対策を優先すべき」→学術会議優先でコロナ後回しの政党って…

立憲民主党の蓮舫参議院議員は4日、自身のTwitterで小沢一郎衆議院議員のツイートを引用し、菅首相のコロナ対応を「後手」だと批判した。

蓮舫氏は「日本学術会議よりもGOTOよりも優先すべき感染症対策を後回しにしすぎました」と主張し、新型コロナ対策として緊急事態宣言などを要請している。

ちなみに、昨年11月はじめの週に開かれた予算委員会で、野党質問の4割が「日本学術会議」だった

立憲民主党・蓮舫議員「見事に後手です」

11月の予算委、「学術会議」が4割占めた野党質問

あわせて読みたい
野党質問「学術会議」4割占める 衆参予算委、与野党共に外交7%・安保2%国会では9日以降、新型コロナウイルスのワクチン接種を無料とする予防接種法改正案など、重要な法案の審議を始める。 しかしその衆参予算...

立憲民主党といえば、政権批判を最大限に活かすことで熱い支持を受けている政党とも言われている。昨年2〜3月でも新型コロナの感染拡大を危惧されていた時期に、福山哲郎幹事長は「時間が余ればコロナやります」という名言を生み出した。

どちらかというと、早い段階から新型コロナを後回しにしていたのは、我らが誇る立憲民主党だった。誇り高き野党第一党として、国民よりもコアな支持者の意向を汲み取る偉大な知性に感動を覚える。

森友学園、桜を見る会、そして日本学術会議の質問に力を入れている印象が強い。11月はじめの週に開かれた予算委員会で野党は「学術会議」の質問に44%もの時間を割いた。主に立憲民主党と日本共産党である。日本学術会議の任命拒否問題に固執したのは、自民党ではなく特定野党だ

しかし、蓮舫氏はそんな過去をすでに忘れてしまったのか知らないが、国会で日本学術会議を優先したのは与党だと思い込んでいる。確かに任命拒否したのは菅政権であるが、「違法」と主張しながらも裁判すら起こさずに国会で執拗に質問していたのは立憲民主党と日本共産党だ。

さすがカリスマ議員の蓮舫氏、責任の擦り付けや過去の言動との不一致ぶりを見ていると、一流の左翼として非常に期待ができる。支持者にとっても心強い存在だろう。

菅総理も4日の会見で「新型コロナ対策に強いメッセージが必要」と語った。政府は立憲民主党の意見をしっかり受け止め、日本学術会議なんかより新型コロナ対策を重点的に取り組んでいただきたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
こちらの記事も読まれています
政治

民主党政権、中国に配慮「護衛艦は見えないところへ」河野前統幕長が明かす→安倍政権「見えるところまで出せ」と方針転換

2020年11月16日
News Elvo
平成24年9月に尖閣諸島を国有化した当時、日中関係の悪化を危惧した民主党政権は「護衛艦は相手を刺激しないように見えないところにいろ」と海上自 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。